2016年11月8日火曜日

うんまい金沢 海鮮編 その1

観光客の皆様が金沢に期待する味は、何と言っても海鮮だと思います。

そして、これから冬を迎え増々美味しくなって行く季節でもありま
す。


そこで、生粋の金沢人から見た美味しいお魚を独断と偏見を持ってランキングし、皆様にご紹介したいと思います。


第1位  ノドグロ


金沢のお魚でお勧めナンバー1は、ズバリ

ノドグロです。



その名の由来は、口を開けて見ると喉の奥が黒いことから来ています。

金沢以外の地域では、アカムツという名前が一般的だそうです。



ノドグロは、白身のトロとも呼ばれています。

その身は、脂が乗り柔かくお刺身でも大人気です。


また、それ以上にお勧めするのは、焼魚です。


お頭付のノドグロを焼いて醤油をかけると、その身の脂で醤油が弾かれてしまう程です。

そして、食するとタップリの脂が液体として浸み出し、口の中でとろける様に消えていきます。



ああ~美味しい。



思わず至福のため息がこぼれます。

もし、お寿司屋さんで食べる機会があれば、2貫のうち1貫にムラサキを付け食べ、もう1貫をガズバーナーで軽く炙ってもらって下さい。


そうすればあなたは、


全く違う感触の極上の旨味


を味わうことでしょう。



そのノドグロの唯一無二の欠点は、あまりにも高級魚であることです。

もっとハッキリ言うと、高過ぎるということです。




ノドグロは、寿司屋や割烹店などで食べられますが、そのお値段はほとんどが時価です。

時価とは、その時々の仕入相場によって値段が変わるということです。

そのためお召し上がりになる場合には、まずお値段を確かめてみることをお勧めします。



そのことは、とても勇気のいる行為ですが、安心して楽しむためには、ほんの少しの努力が必要です。


特に焼魚の場合には、お頭付なのか切身なのか聞いてみて下さい。

できれば、その魚のサイズも。


その理由は、大きければ大きい程、脂が乗っているからです。



その際に嫌な顔をしたり、つっけんどんな態度をするお店は、決して良いお店とは言えません。


しかし、もしも職人さんがにこやかに教えてくれれば、そこはとても良いお店です。



これをあなたのお店を評価する判断基準にして下さればと思います。



そして最近では、値段を明示するお店も増えてきていることをここに付け加えます。





ここでもしもあなたが、もう少しお手軽にノドグロを食べたいと思うならば、金沢市内の近江町市場に行ってみて下さい。


そこには、多くの魚屋さんが並び、ノドグロが売られています。


実は金沢には、全国各地からノドグロが集まって来ます。

その理由はズバリ、需要が多く高く売れるからです。



特にテニスの錦織圭選手が、女性レポーターの「日本に帰ったら食べたい物は、何ですかぁ~」という質問に「ノドグロが食べたいです」と答えてからは、一段と高くなってしまいました。



金沢に入ってくるノドグロの産地のメインは、地元産・長崎県産・韓国産です。


地元産は型の大きな物が多く、高価でとても手が出ません。

主に高級料理店の御用達です。


長崎産は、鮮度が良く入荷量も多く、手に入り易く味も良いものです。

家庭のグリルで焼けるサイズかつ脂の乗った物は、1匹1,500円位で手に入れることができます。
(これは勿論、その日の相場次第です。)



私の一番のお勧めは、韓国産です。

韓国産は、何故かもの凄く脂が乗っているのです。

しかも、1匹1,300円位という安さ!?です。





~追憶~


うちは、5人家族。



それは3人の子供達が、まだ幼かった頃。

年に1度だけ、大奮発して4匹のノドグロを買って来た。


まずは、子供の前に1匹ずつ並べる。

食え食え、おいしいからいっぱい食えと子供達に言う。


俺は一口だけ食べ、美味しいなぁと唸る。

そして、俺はもういいからお前が食えと、妻の前まで皿を押す。




貧しい中での贅沢感。

仕事頑張ろう。

そして、俺も一匹分食べれるよう稼いでやる。


あれは、晩秋の長い夜のこと。






いやいや、話が横道にそれてしまいました。


お話を近江町市場まで戻しましょう。




市場でのノドグロの値段は、お魚屋さんによって大きく違います。

また、その日の相場によって大きく変わります。


先程の参考売値は、今年の9月末に数あるお魚屋さんをまわり、小1時間かけ調べ実際に買ったお値段です。


しかし、同じ様な大きさのノドグロでお値段が、2倍も3倍も違っているお店がありました。



特に気をつけなければいけないのが、1匹いくらと明示していないお店が数軒あったことです。



ある店でこれいくらですかと尋ねると、凄く高い値段をふっかけられました。


きっと私を観光客だと見なして、ぼったくろうと思ったのでしょう。

私は「勉強になりました」と嫌みを言って、その店を離れました。



それはおそらく、その店の方針でそう言わされていると思うのですが、同じ金沢人としてとても恥ずべき行為だと思います。



私は、金沢が誇る近江町市場を少しでもここち良く、皆様に味わって欲しいと願います。



どうか皆様にお願い致します。




金沢に来てお美味しいノドグロを食べて、もっとも

っと金沢と金沢人を好きになって下さい。




今回の担当は、達じいでした。

あんやと。


2016年11月7日月曜日

うんまい金沢 海鮮編 序章

金沢は今、観光客の方々で大賑わいです。
まさに沸いた沸いたの大騒動、お祭り状態です。


それは全て、あの日から始まりました。
そう・・・あの2015年3月14日(土)北陸新幹線開業からです。


金沢人は、あまりの人出の多さとその喧噪にとても戸惑っています。


また現在の金沢は、私達の馴親しんできた金沢とは、大きく違います。


そして、もしかすると観光客の皆様は、抱いていた風情豊かな金沢というイメージとは違い、幻滅を感じているかもしれません。


全国から来訪された皆様、折角・・・せっかく金沢に来て頂いたのに申し訳ありませんでした。


そこで、皆様を「おもてなしする心」を表すために、
次回から地元民から見た「うんまい金沢」をご紹介していきたいと思います。


今回の担当は達じいでした。


あんやと。





2016年8月10日水曜日

着物10 夏の感謝SALE!!パールトーン加工・クリーニングがお得に!



いつも着物10をご利用いただきありがとうございます。

日頃の感謝をこめて、夏の感謝SALEを開催します!!

パールトーン加工・クリーニングを感謝価格でご提供!! 

例えば・・・「着物のクリーニング」普段の価格なら9,720円のところ・・・

今回は なんと !¥4,200(税込)でご提供♪


他にも、パールトーン加工もクリーニング込みで普段なら¥27,000のところ・・・

なんとなんと¥15,000(税込み)ポッキリで♪

パールトーン加工したいけどちょっと値段が高くて・・・と思っている方必見!ぜひこの機会に試してみてください☆

ご希望の際は落札後、入金前に希望する加工商品をご連絡ください。


  ■キャンペーン価格表


キャンペーン対象商品は着物・帯全般が対象です。
(小紋、振袖、留袖、訪問着、付下げ、色無地、紬、アンサンブル、長襦袢、袋帯、名古屋帯、京袋帯)
※対象は8月10日付での落札分から9月10(土)付での落札分までの商品になります。
※アンサンブルや襦袢セットなど、セット商品は着物2枚分のお値段になります。ご了承ください。
※アンティークもの、子供着物は対象外です。
※ご希望の際は必ず落札後入金前にその旨ご連絡ください。



8月10日~9月10日(土)までの期間限定となっておりますので

お見逃しのないように☆




皆様、この機会に一度

大人気のパールトーン加工を試してみませんか? 

2016年5月27日金曜日

着付けのポイント ☆長襦袢☆



お久しぶりですっ☆

最近、家で飼っているわんちゃんに
癒やされまくっているくぅちゃんです(*^^*)





前回の「土台作り」にひき続き

今回は


「縁の下の力持ち」


とも言われている


☆長襦袢☆



について紹介させていただきます。




長襦袢は、中に着ているから見えないし何でもいいかも・・・って
思っている人もいるかもしれません。
私も始めは思っていました。
しかし、着物を実際着てみると
普段着ている洋服と違って袖口や振りから覗いて見えちゃうんです(泣)!!!

なので、縁の下の力持ちと言われる理由を、
3つのポイント「役目、サイズの選び方、着るコツ」
にわけてご説明しますっ!!


まず、1つめのポイントである
「長襦袢の役目」には、3つの大切なことがあります。

1、「機能性」
それは、体を動かしやすくすることにあります。
着物だけを着ると滑りが悪くて手足を動かしにくく、
着心地がとても悪いですよね。
また、汗や皮脂がつきやすくなるので、
すぐ汚れたり、痛みも早くなってしまいます。
そして、体温調節という大切な機能も持っているのです。
このように、衣服特有のトラブルを防いだり、
和らげたりすることができるのです。

2、「引き立て」
見た目の調和で、より美しく見えるようにすることです。
少しだけ見えることを考慮された奥ゆかしいともいえる存在ながら、
色柄や紋様は着物同様に多種多様です。
選び方はとても奥深くて、正礼装、外出用、普段着用といった状況別の
着こなしだけでなく、季節毎に装い異なります。
派手や地味になりすぎず、着物の色柄や紋様と調和させるのは
中々難しいものです。しかし、これがしっかりとできれば
ワンランク上の着こなしができます。どのような場所でも見栄えがとても良く、
見る人の心に自然な印象を与えます。

3、「着くずれを防ぐ」
つまり、着付けした着物をしっかり維持できることです。
どんなに格好良く着付けても、何か動作をした時に大きく
着崩れしては台無しですよね。だからこそ長襦袢の最も大切な役目と
も言えるんです。見た目も、着心地もよく、しっかりと着物を着るために、
着付けをちゃんと身に付けておくことが大切です。




2つめのポイントは、「サイズの選び方」です!!

長襦袢の自分にあったサイズってどうやって見つければいいのか
難しいですよね。
私が習ったのは

①裄:背中心から袖の先まで
②袖丈:袖の長さ
③背中心から肩の縫い目までの長さ

この3つが大体合っていれば大丈夫だと思いますっ!!

大体というのも、丈が多少短くても着物を着たら隠れてしまうので
あまり気にしなくても大丈夫なんです。

サイズが合わない長襦袢を着ると
袖の振りから長襦袢が飛び出してしまいます。
なので、長襦袢の袖が着物の袖に収まりそうなサイズを選べば大丈夫です。

目安として
襦袢の袖幅は、着物の袖幅よりも7~8mm位短くするのが通常です。



最後に、
3つめのポイントは、「着るコツ」です!!

私が長襦袢を着る際、気をつけていることは
衣紋を抜くことです。

衣紋とは、後ろ襟の部分をいいます。

着付けを習っている時
とても苦戦したのを覚えています。

始めの頃は衣紋の抜きがあまく
着物を着た時に
見た目も見苦しく
着ている本人も暑苦しくなったことを
覚えてます。(泣)
しかし、衣紋の抜き加減でガラリと
イメージが変わっちゃうのです!!

その、衣紋を抜く理由は・・・



見た目が涼しいっ!と言うのもありますが…1番の理由は
「大人っぽく見える☆」ってことだと思います。
衿を詰めていると、子供がゆかたをきているみたいになり、
どんなお洒落な浴衣を着ていてもそれだけで仕上がりがおかしくなります。
あまり抜きすぎるのも問題ですが、こぶしひとつ分くらいは
抜いた方が着物を着た時に綺麗に見えますよっ!!


サイズと衣紋の抜き方は、人それぞれ違うので
自分に合ったもの、季節や場所を選んで
ぜひ、着てみてくださいっ☆







2016年5月18日水曜日

憧れの加藤改石さんの工房へ♪

こんにちは♪

なんと今回はkimono10特別号といたしまして、加藤改石さんの工房見学についてたっぷりとご紹介いたします!
これまで幸運にも袋帯を目にする機会があったのですが、他の織物とは異なる独特の風格、気品、織の美しさに心が奪われました。その時からいつか実際にこの目で製作工程を知ることができたらと願っていました。

そしてついに、工房見学の夢が叶ったのです!




優しい笑顔の改石さんです。 改石さんにお会いできてドキドキわくわくです。







 2階建ての工房にまず足を踏み入れると牛首紬の中でも重要な工程である「のべ引き」による繰糸です。玉繭を80℃前後のお湯で煮て、セシリン(糸を作る&固める成分)を取り除きます。繭の糸は縮れているので引っぱって真っ直ぐにして整えます。玉繭の特徴である大きな節を多すぎず、少なすぎずと絶妙に調節しています。そして100個の繭(100本)から1本の糸にします。
なんと!!一つの繭から600~800mも取れるんだそうです。職人さんの手つきはとても滑らかで、とても細い糸を途切れることなく1本にする作業はまさに神業です。
玉繭がぷにぷにと柔らかそうで触ってみたくなりましたが、80℃のお湯と聞くとなかなか手がでません。鍛錬とはすごいもので、職人さんたちは手を何度もお湯の中へ。手の皮膚も分厚くなっているのだそうです。






こちらは糸に撚りをかける機械です。
真っ直ぐな糸を手前の大きな車輪の回転数や回転半径で調整しながら糸の縮み方を変化させます。



この機械は手作りのもので、壊れた時に直せる大工さんは1名しかいないとのことです。
この台の歴史を感じていると、改石さんはこれまで牛首紬が辿ってきた歴史を説明してくださいました。
昔は山でヒエや粟を作り、 冬は養蚕をして糸をとって紬を作ったそうです。
明治45年に紬工房ができました。
世界一の生糸の輸出国となった日本は、国産の繭の質を高め産業として養蚕業者及び製糸業者双方に便益を与えるために産繭処理統制法を制定します。
戦後には工房の近くに養蚕農家が7軒あったそうです。
しかしだんだんと減っていく中、改石さんのお母様である加藤志ゆんさんが牛首紬を懸命に守り続けたのです。
その意志を継ぎ、 今も伝統を守りながら糸紡ぎから製織まで一貫して工房内で行っています。



加藤志ゆんさんです。



志ゆんさんの力強いお言葉が書かれています。



工房の一角には数々の表彰状が飾られています。



歴史の重み、伝統を守ることの大切さを感じます。



 そしてこちらは撚りをかけたものをまた煮て、乾燥させているところです。
ふっくらとして柔らかな手触りですが、力強さも伝わってきます。
次はいよいよ製織ですよ。



 時折米糊をつけるのですが、これは緯糸と経糸を繋ぐ役割をします。
染めムラにならないように、 緯糸と経糸を見ながら節が大きいものは調整していきますが、その時も糸が無駄にならないように気をつけながら丁寧に 織り上げていきます。






   こちらは整経の様子です。






糸の一本一本が輝いて見えます。






ぎっしりと束ねられた美しい絹糸。
織り上がりが楽しみです。



つっついに!こちらは出来立てホヤホヤの白生地です。
これが生成りの色なんですね。
牛首紬の純粋な輝き、研ぎ澄まされた美しい姿に吸い込まれています。



我を忘れて夢中になるとはこのことですね。時の流れも忘れてしまいました。
単なる糸ではないんですね。生命の息吹が感じられる仕上がりなのです。
一つ一つ丹精込めて作られていることがひしひしと伝わってきます。



 

 

工房を見学させていただくと、手作りとはなんと素晴らしいのだろう!!と改て思い直しました。
自然の恵や人の温もりによって生まれた牛首紬はその輝きを失うことなく、永遠性をもつのです。
最高級の作品に触れることができ、感激もひとしおです。
加藤機業場の皆さん、ありがとうございます。

織物の世界の奥深さを感じるとともに、もっともっと勉強しないと!!と身を引き締める思いです。
ぜひ、皆さんも牛首紬の魅力を感じてみてくださいね♪♪