2017年11月20日月曜日

「内子いっぱい」初物香箱蟹 解禁


「内子いっぱい」初物香箱蟹 解禁



先日(11月7日)、石川県産初物のカニが、金沢市の店頭に並びました。


昔からの言い伝えで「初物七十五日」(はつものしちじゅうごにち)という言葉があります。

これは「初物を食べると75日寿命が延びる」という意味です。

そのため金沢市民は、この初物のカニを「縁起物」として、販売初日に競って買い求めます。



そしてこちらが、スーパーで購入したズワイガニのメスである「香箱ガニ」(コウバコガニ)です。






ご覧のとおりカニの「甲羅」(こうら)の中は、卵の基となる「内子」(うちこ)でパンパンです。

また、卵である「外子」(そとこ)は、赤黒い色でカニが、十分に成熟していることを示しています。





これを少し引いて撮ると、足の身がびっしりと詰まっていることもよくわかります。







そして、その身を全部取り出して、甲羅に詰めたものが、こちらです。




また、これを「おでん種」(おでんだね)にすると「カニ面」(カニメン)となります。

今回は、添付されている「カニ酢」(かにず)でいただきました。





そして、気になる初物、そのお値段は?

小さなサイズの香箱ガニで、400円位です。

これが大きなサイズになると、1,800円から2,000円もする贅沢品です。


一方、オスのズワイガニである「加能ガニ」(カノウガニ)の価格は、大きなサイズの700から800グラムのもので、大体2万円くらいでした。


なお、金沢のズワイガニとコウバコガニについて、もっと詳しく、知りたい方は、こちらをご覧ください。

2016年12月19日付ブログ

うんまい金沢 海鮮編 その2 3-1



さあ、あなたも金沢に来て「うんまい海の幸」を召し上がれ。\(^o^)/

今回の担当は、達じいでした。

あんやと (^^)




>>【着物10ヤフオク! 1円からスタート コチラからどうぞ】


>>【着物10 ツイッター】


>>【着物10 フェイスブック スタッフページ】





このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月7日火曜日

「七五三」お宮詣りのXデーは、11月15日

「七五三」お宮参りのXデーは、11月15日


金沢では「七五三参り」が盛んです。





七五三とは、11月15日に5歳の男児と3歳・7歳の女児を神社に伴い参拝する慣行です。

もっとも最近では、男女の年齢や参拝日に、こだわらないケースも増えているようです。


こちらが、3歳女児の七五三・三つ身(身丈100センチから120センチ前後位)の衣装と小物類です。










そしてこちらが、5歳男児の衣装と小物類です。











一方こちらは、7歳女児の四つ身(身丈135センチ位)の衣装と小物類です。









いずれも両親の愛情が、伝わってくるほどの豪華な意匠の着物等です。




ところで「七五三」は、どのようにして始まったのでしょうか。



七五三は江戸時代、もともと関東地方の武家社会での発祥と伝えられています。

そして、それらの祝いの行事には、その基となる儀式があったようです。



3歳時(数え年)の儀式は、これまでの剃髪をやめ髪を伸ばし始める「髪置」(かみおき)の名残と言われています。


5歳時(数え年)のそれは、初めて袴をつける「袴儀」または「袴着」(はかまぎ)が基本となったそうです。


そして7歳時(数え年)では「帯解・紐落」(おびとき・ひもおとし)が始まりとされています。


「帯解・紐落」とは、それまでの子供用の紐付きの着物と細い幅の帯に代わって、本仕立ての着物と帯で装って、大人となる儀式です。


そしてこれらが、子供の着物と帯です。









以上は、七五三の発祥の正式な由来とのことです。



また、金沢は「加賀百万石の城下町」であるため、当然のように江戸から伝わった七五三の行事が広まりました。





一方、民間信仰では、別の説が伝えられているようです。



それは「子供が産まれて7歳になるまでは、神様からの預かり物である。」とする考え方です。


その意味するところは、子供を7歳まで育てた時に初めて神様の子ではなく、自分の子供となるという思想からきています。


また、昔は栄養事情や医療体制が悪く、子供達が幼少期に亡くなってしまうことが、多かったそうです。


そのため7歳になるまで、地元の氏神様にお参りして「うちの子は、お陰様でこんなに大きくなりました。」と成長を報告し、感謝を伝えました。



そして「どうか神様の元へ、うちの子供を召さないでください。」と祈願しました。


もしそれでも子供が、早逝してしまった場合に両親は「神様に子供をお返ししたのだ。これは、しかたがないことだ。」自分に言い聞かせて、子供を失った悲しみを乗り越えました。



このような不幸が身近な環境にある中で、無事に子供が7歳になってはじめて「我が子」となるのです。


両親のこの時の喜びは、計ることのできないほどの大きなものだったと、想像できます。





前述のとおり、七五三では神社にお参りをします。


こちらは、金沢市の中心部にあり、観光名所にもなっている「尾山神社」(おやまじんじゃ)です。





この尾山神社には、加賀藩祖前田利家公と正室お松の方が祀られています。


ここで「七五三のお祓い」を受けた後、お下りとして「千歳飴」(ちとせあめ)が頂けます。





千歳飴という名前は「千年もの長い期間」また「長生き」という意味に由来しています。


またその袋の図案は、縁起の良い絵柄が描かれています。



一番上には、聖人が世に出る時に現れると言われている伝説の鳥「鳳凰」(ほうおう)が描かれています。


次に祝儀の意味の「熨斗鮑」(のしあわび)が。

その下、順に一年の始まりである「初日の出」(はつひので)。

長寿を表す「鶴亀」(つるかめ)。

縁起が良いとされる「松竹梅」(しょうちくばい)。

そして、長寿と夫婦和合の「高砂の尉と姥」(たかさごのじょうとうば)が意匠されています。




一方こちらは、袋の裏面の図案です。





まず「霊峰富士山」「神殿」・「鳥居」です。

次に平和の象徴「白鳩」

神楽(かぐら)を舞う「巫女」(みこ)。

魔除(まよけ)の「犬張子」(いぬはりこ)。

そして、千歳飴を持つ真打ちの「7才女児」と「5才男児」・「3才女児」が、デザインされています。



それでは、袋の中身をみてみましょう。







まずは、定番の「紅白千歳飴」が、入ってました。


その他には「利家とまつキャラクターシール」・「キャラクター4点文具セット」・「ブロック玩具」・「キャラクターミニタオル」・「キャラクター巾着袋」等がありました。


ただし一昔前までは「細長い紅白の飴」が、2本入ってました。



時代が変わると、随分お洒落になるものです。





それでは、何故「七五三参りは、11月15日」となったのでしょうか。



その理由は、民間信仰の「霜月祭」(しもつきさい)に関係するそうです。



「霜月祭」とは旧暦11月の15日から24日頃までの期間に催される「稲の収穫祭」です。


そして15日は、満月の日にあたります。


その満月の日に、氏神様に対して収穫の感謝とともに子供の成長を報告し、ご加護を祈ることとなったとされているそうです。





前述したようにじいじには、3人の子供がいます。

そして、何一つ病気をすることなく成長しました。

私達夫婦は、ただただこの幸せに感謝しております。



今回の担当は、達じいでした。

あんやと (๑꒪⍘꒪๑);


>>【着物10ヤフオク! 1円からスタート コチラからどうぞ】




>>【着物10 ツイッター】



>>【着物10 フェイスブック スタッフページ】




<PR>ご自宅で完結!全国対応の宅配買取 詳しくはコチラから











このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月27日金曜日

謎多き「麺なしラーメン」?「ライス抜きカツカレー」??

謎多き「麺なしラーメン」?「ライス抜きカツカレー」??


これが、謎の「麺なしラーメン」です。




このじいじは「麺のないラーメンなんて?そんなものあるの?」
と、よくまわりの人から言われています。


そして続けて「あなたが、何を言っているのかわかりません」
とも、突っ込みを受けます。


特に若者からは、ほとんど理解を得られません。



これ実は、金沢市民のソウルフードとなっている「8番らーめん」
「麺なし野菜ラーメン」塩味・バタートッピングです。




達じいこと私は、とある理由があって現在、糖質制限を行っています。

そして、1日の摂取カロリーの目安は、1600キロカロリーです。


因みに20代男性で、デスクワークをしている人のそれは、2250キロカロリーです。

また、1日1〜2時間位の激しい運動をする人(例えば、建設業・宅配業従事者など)
は、3550キロカロリーが必要だそうです。


それが40代男性になると、それぞれ100キロカロリーから150キロカロリー減とされているようです。




じいじは、この年齢の割には、毎日ハードな肉体労働をしています。

そのため1日1600キロカロリーでは、腹が減って死にそうになります。


ですから、糖質オフとカロリー制限をしながら、若者達と共に力仕事を続けるためには、相当の努力と工夫が必要となります。







因みに、この麺なし野菜らーめん1杯で、1日の野菜摂取必要量の約半分にあたる200グラムの野菜を取ることができるそうです。


そして、この野菜スープのカロリーは、221キロカロリーです。

これに、バター2切れで何と194キロカロリーもプラスになります。



「それならバターを抜けばいいのに」というご意見は、至極ごもっともです。

ところが、これには理由があるのです。




年寄りには、タンパク質と脂質と油質は、非常に重要な栄養素となります。

これらが不足すると筋力がなくなり、肌にはシワが増えて、一気に老化が進んでしまいます。


いずれにしろ、大量には、食べられないのですから、良質な食材を摂取することが重要となります。



加えて、この麺なし野菜ラーメンは、腹ペコじいじを十分に満足させてくれます。


このスープの中には、大量の野菜やメンマ・チャーシューが入っています。

そして、通称「8カマ」(ハチカマ)というカマボコも中央に鎮座しています。



じいじは、これらをゆっくりと何回も噛んで食べます。

そして、沢山噛むことによって、脳の中枢神経が刺激されて、多く食べたと感じることができるそうです。




一方こちらは、ある食堂の「ライス抜きカツカレー」です。





初めてこのライス抜きを頼んだ時には、店員さんに全く理解してもらえませんでした。


「ライス抜きカツカレーだって?そんな変人、この世にいるのかよ」という声が、厨房から聞こえてきました。



そこでじいじは、学習しました。



「すみません。私は、糖質制限をしています」


「そのためにライスを全て抜いてください。ごめんなさい」


そして、すぐに言葉を添えます。


「お代は、ちゃんとその通り払います。どうかよろしくお願いします」



こうして私の変人の濡れ衣は、かろうじて晴れることとなりました。




そしてこちらは、「サイゼリア」「ライス抜ききのこデミグラスソースハンバーグランチ」です。






これらのカロリーは、ハンバーグとサラダ・スープで、合計530キロカロリーです。

これにライスを加えると833キロカロリーにもなってしまいます。

つまり、ライス(303キロカロリー)を抜くことは、今のじいじにとってもとても必要なことになります。





年寄りにとって年齢と闘うことは、とても大変なことです。

どうか、皆様のご理解とご声援をいただければ幸いです。



今回の担当は、達じいでした。

あんやと( (๑꒪⍘꒪๑); (m9 ^ิ౪^ิ);)



追記


あれから再び「朱竹」に関する衣類が入荷しました。

それが、この絹の青い雨コートです。






全体的に小窓のように「朱竹」が描かれています。

そしてその「朱竹の柄」は、反転したデザインとなっています。








>>【着物10ヤフオク! 1円からスタート コチラからどうぞ】


>>【着物10 ツイッター】


>>【着物10 フェイスブック スタッフページ】


このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月19日木曜日

招福の縁起物「朱竹」(しゅちく)

招福の縁起物「朱竹」(しゅちく)

今回は、幸せを招くという「朱竹」(しゅちく)のお話です。


朱竹とは、あまり聞き慣れない言葉ですが、その絵が描かれた衣類を身に付けたり、絵画を飾ると「子孫繁栄」「立身出世」「家業繁盛」が叶うという伝承があります。



これは、健やかに伸びた朱竹が描かれた漆塗りの帯です。










また、100年に一度咲くという「竹の花」が、刺繍されています。

竹の花が咲く時は、不思議でめでたいことの前兆である「奇瑞」が起きるとされています。



またこちらは、朱色の夏絽の羽織です。






絵柄は、中央と左右に朱竹が描かれています。

そして、松や梅・菊・あやめ等の縁起の良い絵柄が、配されております。

羽織の材質は、トロトロの絹であり「上質性」を堪能できるお品です。

加えて、全体的に「気品」「粋」を感じます。



一方こちらは、朱竹の縮緬のアンティークな衿です。





これは、我家の玄関に飾られている朱竹の額です。





「瑞竹」と書かれていますが、これは「めでたい竹」という意味です。

この絵は、刺繍で描かれています。


これには「文化刺繍」という技法が、使われています。

文化刺繍とは、リリアン糸を専用の針で縫うものです。

そして、100年近く前にヨーロッパから伝来し、私の母親の青春時代に大流行したそうです。



それでは、なぜ「朱竹」が縁起の良いものと考えられるようになったのでしょう。


それは、中国北栄時代の詩人で、書家かつ政治家であった蘇東坡(そとうば)(1036年生〜1101年没)に因む故事に由来するそうです。



ある日、蘇東坡は墨竹画を依頼されました。

生憎その時、手許には墨がありませんでした。

そこで「朱墨」で竹を描いて彼に渡しました。

しかし、依頼者にはそれが不満でした。



彼は、蘇東坡にこう言いました。

「先生、この世に朱い竹が、あるものでしょうか」

すると蘇東坡は、こう返答しました。

「この世に黒い竹が、あるはずがない」



依頼者は、不満ながらもこの絵を家に持ち帰ります。

するとそれから彼の家では、次から次へと慶事が起こることとなりました。

その慶事とは、子宝に恵まれ、立身出世をし、家内はますます大繁盛したとのことです。


それを目の当たりにした人々は、蘇東坡に競って「朱竹の絵」を頼むようになりました。



そして彼らは皆、幸せになったとさ。

めでたし、めでたし。



我が家には、前述のとおり、この「朱竹の額」が飾ってあります。

そのためか、3人の子供に恵まれ、小学生の孫が2人います。立身出世は、できませんでしたが、家族はとても仲睦まじく過ごしています。


そしてじいじは、ほどほどの幸せを感じる毎日に感謝しています。




今回の担当は、達じいでした。

あんやと(๑ʘ∆ʘ๑); (๑ʻัદʻั๑);


<PR>ご自宅で完結!全国対応の宅配買取 詳しくはコチラから





>>【着物10ヤフオク! 1円からスタート コチラからどうぞ】



>>【着物10 ツイッター】


>>【着物10 フェイスブック スタッフページ】


このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月13日金曜日

新種のナシ「加賀しずく」16年をかけてできました。

新種のナシ「加賀しずく」16年をかけてできました。

石川県が、16年の歳月をかけて開発した新種のナシ

「加賀しずく」が、今秋デビューしました。




「加賀しずく」の1個当たりの重さは、約600gで大玉です。

ちなみに「幸水」は、400g「豊水」で400〜500g程度です。

そしてその味は、酸味が少なく優しい上品な甘さです。

また食感は、なめらかでジューシーです。



これはお世辞抜きなのですが、このじいじにとって
長年生きてきた中でも、最高級に美味しいと感じるほどのナシでした。




金沢では、8月頃から10月過ぎまで「新水」「幸水」「加賀しずく」「豊水」「あきづき」の順で、出荷が続きます。

これらは、一般に「赤梨」と呼ばれる「早生」(わせ)品種です。

ちなみに「加賀しずく」は、母親を「鞍月」(くらつき)とし、父親は「幸水」です。


その後、「青梨」である「二十世紀」などの「晩生」(おくて)品種が出荷されます。



この「二十世紀」は、昔から親しまれている品種です。

じいじは、果肉が柔らかくみずみずしいのでどちらかと言えば、「青梨」の方が好みでした。

  


しかし、「近江町市場」(おおみちょういちば)にある「久安青果」の社長さんによると、「二十世紀」には酸味があるため、最近ではあまり売れなくなったそうです。



これが「加賀しずく」と「二十世紀」を並べたものです。




左の青い皿の方が「加賀しずく」右の赤い皿が「二十世紀」です。

どちらも美味しそうです。


しかし、残念なことに「加賀しずく」の今年の生産量が5トンしかなく、十分に市場に出回りませんでした。



でも皆様、ご期待ください。

現在「加賀しずく」の生産者は、金沢市・白山市・加賀市に103軒います。

そして来年は、30トンの出荷量を目指しているそうです。


そのため来秋には、県外にも出荷できるのではないかと思われています。

どうぞあなたもその際に、この「幸せを感じられるナシ」をご賞味くだされば幸いです。





皆様、暫くの御無沙汰でした。

これから少しずつまたブログを再開させて頂きますので、
どうぞ宜敷くお願い致します。


今回の担当は、達じいでした。 あんやと ( ,,・ิω・ิ,, )


<PR>ご自宅で完結!全国対応の宅配買取 詳しくはコチラから





>>【着物10ヤフオク! 1円からスタート コチラからどうぞ】








このエントリーをはてなブックマークに追加